北国の恵み リウマチ

北国の恵みはリウマチにも効果があるの?

北国の恵みはリウマチなどの関節痛にも効果があると言われています。

 

そこで、まずリウマチという病気について調べてみました。

 

リウマチはよく耳にする病名ですが、実はあまりよく知らないという人がほとんどです。

 

リウマチにかかった人は、長い間、病気で苦しんでいる人が多いようです。

 

関節リウマチとはどんな病気なの?

 

リウマチの中で最も多いのが関節リウマチです。

 

関節リウマチは、免疫疾患の1種で、患者数は70万人以上いると言われており、1対4の割合で女性の方が多く、 30〜50歳代が最も発症しやすいと言われています。

 

関節リウマチは、年配の人がかかる病気だと思われがちですが、実際は30歳代から発症しやすいのです。

 

もしかすると、 30〜50歳代で発症し、その症状が長く続くために、年配の人に多いと感じるのかもしれません。

 

関節や関節周辺の筋肉、骨、腱などに痛みが起こる病気をまとめてリウマチ性疾患、あるいは単にリウマチと呼んでいます。

 

リウマチの定義ははっきりしていないと言われていますが、一般的にリウマチといえば、関節リウマチのことを指しているようです。

 

関節リウマチになる主な原因は?

 

関節リウマチとは、免疫の異常によって、主に手足の関節が痛んだり、腫れたりする病気です。

 

免疫とは、ウイルスや細菌などから体を守る仕組みなのですが、免疫の異常で、関節の組織、骨、軟骨がウイルスや細菌によって破壊されるのがリウマチです。

 

この症状を自己免疫疾患と言うのですが、その原因は解明されていません。

 

かかりやすい体質の人が、何らかの原因によって発症すると考えられているようです。

 

 

おおよその原因と言われているのは、過労、ストレス、細菌やウイルスの感染、喫煙、出産、けがなどです。

 

これだけ原因がはっきりしない病気なので、とても厄介な病気といえます。

 

関節リウマチの症状とは?

 

最初は、食欲がない、体がだるい、熱っぽいなどの症状が続いたり、朝に関節の周辺が強ばることがあるようです。

 

食欲がない、体がだるい、熱っぽいなどの症状は、風邪や疲れが溜まったときに起こりやすい症状と同様です。

 

免疫の異常が原因と言われているので、免疫力が低下した際に起こる症状と類似しています。

 

やはり、リウマチの疑いがある症状は、関節の周辺が強ばったり、違和感を感じたときなので、そのような症状が出た場合は、すぐに病院で診てもらうべきです。

 

最初は症状が軽くても、徐々に悪化していく病気なので、早めに手を打つべきです。

 

北国の恵みは、関節痛に効果があると言われているサプリメントです。

 

現在、480円で試せるキャンペーンを実施中なので、リウマチでお悩みの方は、1度試してみてはいかがでしょうか。